なんか言いたくなったこと

アイドルマスターを中心に、余計なことを書く。

なんか言いたくなったこと

アイドルマスターを中心に、余計なことを書く。
作者:みな川


アイドルマスター、特にニコニコ動画におけるアイマス動画について、感じたことを書く予定である。
おそらく、見る専ブログみたいなものだと思う…。
他人(特にニコマス関係の方)がこのブログを見ると思っていないので、どこまで説明したものやら戸惑うな。

『アイドルマスターを中心に、余計なことを書く』ので、できる限り自由に書く。
言い訳は恥ずかしいが、私の言葉で各Pや動画、引用文の魅力を損ねてしまうかもしれないことについては、
「このブログで紹介した動画は私の言葉と関係なく面白い」とお詫びしたい。

つまり、とても駄目駄目な作者とブログなので、
できるだけ広い心と生暖かい目で、当ブログを見て頂けたら幸いです。
もちろん、ご意見等ありましたら、ありがたく頂戴しますです。


言い訳は以上。
よろしくお願いいたします。


スポンサーサイト
  1. 2023/01/08(日) 23:33:08|
  2. なんか
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

2017年上半期ニコマス20選

基本レギュレーション
対象は2017年上半期(1月1日~6月30日)に公開されたニコマス動画
自身のセレクトを20作品以内でブログ・マイリスト等にて公開
1Pにつき1作品(合作・別名義については別カウント)
選考基準はフリー(お気に入り・埋もれ発掘・テーマに沿って等何でも可)
※作品と一緒にP名を表記していただけると非常に助かります



今期も参加できて、自分以外の参加者の選んだ動画を見ることができてうれしいです。
企画運営、参加者の皆様に感謝して。





1.しょじょんP 如月千早 Spectrum

きれい



2.いとりP 春香、一人の夜。

雪歩とあずさの続きみたい。千早がオーバーラップするところ、カゴシマPを思い出した。



3.***P 蛹について

律子がうらやましい。



4.トカチP アイドルマスター 高峯のあ Beautiful

総選挙枠。圏外って出るたびに泣いてしまう。



5.しんこんP るーみんlight【和久井留美】

和久井さんにこういう曲が合うと思ってなかったが見ていても違和感がなかった。
和久井さんPのファンアートに影響されている自分に気づいた。



6.けまり部P Perfect 5th 『できたて Evo! Revo! Generation!』LIVE edition

素直にすっごーい!ってなったのもだけど、
765のときにもあったことなのに、なんでこんなに新鮮に胸がときめくのだろう。
今さらだけど盛り上げるのすごい上手い…。



7.もじさんP 【デレステMAD】お月様が中継局

始まった瞬間、こんなに可愛いダンスあったっけ!?って驚きが最後まで。
全身でダンスしてるの可愛い。飛鳥のと迷った。



8.なまずまるP Radio Happy×パーティは何処に? MAD

アイドルは物語で、音楽で、ダンスで、パーティで…



9.すまーとくっきーP 【手描きアニメ】スラップハッピー!!!

これを入れないのも嘘だよなあ…



10.ひろせ / メタル氏 THE IDOLM@STER の MUSIC VIDEO




11.倉桜P 【MAD】 あの星のように

最初に「アイドル」という言葉を知ったのがモー娘。なので、
現実と同じように、今は「アイドル」って言葉の意味や形が存在しているんだなってことにしみじみしてしまう。
3Dモデルとコミュこそ、みたいなね~。



12.yukit氏 【第18回MMD杯本選】夢の舞台へ♪〜トキヲ・ファンカ~

これが本当に「アイマス」的か、「春香」的かと問われると、そうではないと思うが、
群雄割拠という言葉に心躍るのも確か。



13.右半身氏 【アイマス】宇宙人たちでエイリアンエイリアン【手描き】

上3つを端的に形にするとこんな感じ?



14.あやいずP タイムリープでつかまえて

フィクションへと変わる前に
きれい


15.NGR2氏 天海春香 『愛の詩 -words of love-』

会いたいと思った瞬間にだけ会えない春香さん。
神々しいようでいてダンスがあるからギリギリ人間的な格好良さなんじゃないかって。
2番が始まるときのしまった画面好き。PSの方ももっとダンスが見たかったくらい。


16.ΣP アイドルマスター 雪歩 星流れる宇宙に舞う誓歌

どこにいるんだろうなあ。


17.けるまP 水瀬伊織ちゃん(14)が出てくる動画です

私 絶対忘れないから(恨み節)


18.たかなしP 勝負どころ

暗い場所で踊る姿を見て落ち着くのは後ろめたいからかも。
(単に聞きなれた曲なだけ)


19.回P そんなことより踊ろうぜ

そういえば765ってこういう仕事してたかもしれない



20.La mia Cenerentola アリシャスP

00:19~00:20あたりの身体をすっと斜め上に伸ばす動きが最高。
私の演技(器械体操)にも同じ動きが入っていて、
それこそ何百、何千回と練習した今でも忘れないもののひとつだけど、
それがここにあることを見られてすごく嬉しい。私もダンス好きなの~。



あとこれ1選
戸次P 【YE4RS単品】とびきりのおしゃれ【徳川まつり】

ミリシタやってる感じのアレ的な。いつの時代も女の子って大変。
結構ごつい名前なのは気にしていないのだろうか。



//
作品もそうですが、順番にもかなり迷った。
団体モノが多いのは3Dモデルでダンスが出そろったからだろうか。
あと、昔ながらの大作!ってのも多く選んだ気がする。
いつも通り、選び忘れた気もする。

先日はシンデレラ5thライブに参加しました。
生まれてこのかた豚骨派。
  1. 2017/07/31(月) 23:00:00|
  2. なんか
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

春香の 無免許&轢き逃げ 逃避行 第1~11話 備忘録

春香の 無免許&轢き逃げ 逃避行(アイドルマスター) 天才カゴシマP

ちょっと時間が空いたときに見てたんですが、しばらく続きが見れそうにないので備忘録。



現時点で見たことがある天才カゴシマPの動画は以下2作。


法廷ドラマ 「アイドルは誰のものか(前編)」 (アイドルマスター)
どちらかといえば2否定派(という表現でいいのか?)なんですかね


映画 「裏窓」 (アイドルマスター)
映画を鑑賞したところ、向かいの部屋のカットでは主人公の位置を中心とした上下左右に合わせて
カメラにアングルがついていて(上下階には仰俯角がついたり)、2次元と3次元の違いか…と目から鱗だった。




<気になる点>
・雪歩本妻説
本妻というのは言葉の綾だが、物語の始まりから春香の隣にいて、
アイドルの夢の遠さに苦しむ春香から嫉妬されていない雪歩は
春香にとって他者というよりは同質な、対になる存在なのか…というよりは、
特別なキャラクターだったらいいなという願望w
キスシーンはギャグなのかよくわからない。


・春香の嫉妬が見ていて苦しい
上記の通りで、特に第1章では春香がゲストキャラクター(同乗者)の容姿や若さに嫉妬する描写が多い。
美希の振り返り美人なシーンはわざわざ動画を用いて、
しかもその動きをスローモーションにして一旦ためてからのアップで笑顔を映す!
という演出がされるだけあって単純に画としてもハッと目を引き余韻を残すシーンとなっていた。
視聴者である私も「美希は特別だ」と感覚的に納得することができただけに、
春香が犯罪者であるとかそういうことを抜きに実力で負けた感がある。
全編通しても春香が半目のシーンは多いが、ここの美希を見送るときの半目は「目を伏せる」って感じで、
その心のうちを思うとたまらない気持ちになった。
でも第6話(5:47)の春香さんも負けないくらい可愛かったから…。


・春香に並走する真
春香の嫉妬に同情していたので、春香はいわゆる女らしいキャラクターだと思っているが、
対照的に真は描写も少なく男性的に感じられる。
ゲストキャラクターながら春香の助手席には乗らず、
自分のバイクで進むところに意味を感じようと思えば感じられるのかもしれない。
裏窓でも男性役だったので天才カゴシマPの作品ではそうなのかな。


・なぜか千早には嫉妬しない春香
嫉妬しないというか、押し倒していますが…。
千早に対して最初から極端に好意的なふるまいをする春香は、
男性的ではなく粗野と表現すればそれまでの描写と変わりないのかもしれない。
(粗野でもどこかナイーブというか、後悔も焦りも素直に感情を見せてくれるから
 『裏窓』の春香よりは親近感がわくのかも)
しかし千早を美人だと認めながら嫉妬しないのは、他のゲストキャラクターと違って
千早が比較的まともなキャラクターとして描かれているからだろうか。
律子の方がまともだと思う。


・映像表現
映画的と言われているが、映画的でない例といえば舞台なのだろうか。
いわゆるギャルゲー的な立ち絵表現ではなく、
奥行き、上下、左右の動きがある3次元空間での画面作りが印象的だった。


・千早を押し倒すシーン=RidgerP『アイドルマスター2 目覚め -彼女たちの流儀-』の真が棺から起き上がるシーン
ダンスを画として切り出しているだけはある
  1. 2016/11/30(水) 23:30:00|
  2. なんか
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0



いろいろあって、なんか、見たら泣けてきちゃった。
こういう風に、好きな人の誕生日が
ひそやかにきらきらとしたものであってほしいと
思うんだけど、どうにもならないねー。


  1. 2016/08/26(金) 02:49:10|
  2. なんか
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

カテゴリ


いろいろ鬱陶しかったので、記事のカテゴリを暫定的に分けてみた。
「ニコマス」はPV作品、
「ニコマス(テキスト系)」にはNovelsm@ster、架空戦記、卓ゲm@ster など。
ニコマスにおけるテキスト系の区分がよくわからなかったので、
自分でわかりやすいよう、反射でPV以外は全部入れた。
分けるほどの量でもなかったかな。まあよしなに。
  1. 2015/06/26(金) 21:30:00|
  2. なんか
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ