なんか言いたくなったこと

アイドルマスターを中心に、余計なことを書く。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

春香の 無免許&轢き逃げ 逃避行 最終話(アイドルマスター)

あっという間に3月が終わってしまいました。
春香さんお誕生日おめでとう。


春香の 無免許&轢き逃げ 逃避行 最終話(アイドルマスター) 天才カゴシマP


面白かったなあ、少し泣いちゃったw
春香がまた頑張ろうと思ってくれて良かった。


1~11話まで見た時点での備忘録はこちら


見終えて、改めて春香が主人公だったとしみじみ思う。
主人公なのは当然だが、視聴者としての私は春香と彼女の嫉妬に深く共感するとともに
その結末を心配していたので、最後まで春香から目が離せなかったという意味で春香はオンリーワンだった。
1~11話まで見た後、12~最終話を見る前に考えていたのも、美希と春香の別れのシーン、
そこにあった春香の嫉妬についてだった。

「無免許&轢き逃げ 逃避行」はタイトルからもわかる通り刺激的な展開が多い。
私はそういうリアリティのないものを受け取るのが得意でないので
(実際、極端なギャグはそこまで好みではないです)、
突飛なギャグ(?)と並行して描写されるキャラクターを読み取るのもまた難しかった。
そういう突飛なギャグとしての見せ方と、例えば春香の嫉妬に関する描写は差があったように思えて、
どこまでが真実で冗談なのか、(15話で春香が小鳥と和解するまでは)戸惑いながらの視聴だった。
別口で書いていた感想では、先の感想では触れなかったものの
「春香がどのくらいアイドルになりたいのかわからないけど。」と書いていたり。


一応、そのときの感想が以下。
春香と美希の別れのシーンで完膚なきまでに「春香が負けた」と感じてつらかった理由:
春香はアイドルになるためもがいて嫉妬もするのに、そんな望みを持たない美希にこそ
外見的魅力は備わっていて、美希本人は春香ほどそれを重要視していない、
勝者や持てるものの余裕…みたいなものにぐうの音も出ないほど叩きのめされる。
それが当然の人はそれの有無について勝負なんかしてくれない。
例えば私はそれを綾瀬さんに感じるし、だからあんまし彼女のプロデューサーにはなりたくないと感じるみたいな。
それを切望し嫉妬することすら理解してもらえなさそうな。
この人が(努力もしただろうけど、努力した人すべてが結果を得られるわけではないので)
当たり前のように手にして、捨てられるようなものを、必死で追い求めている自分の惨めさ。
その惨めさを伝えることもできない断絶。
いやまあ、春香がどのくらいアイドルになりたいのかわからないけど。
自分はできなかったんだ、負けたんだ、もう時間がないんです(違う)って気持ちに
いつまでも慣れないまま泣けてきちゃうんだろう。二度目はない。また頑張るの怖いなー。



かようにして、春香の描写がどこまで本気なのか疑いつつも私は春香の嫉妬に共感を示し、
同時に、彼女がアイドル、つまり夢を見て努力することをやめてしまい、このまま易きに流れて
幸せになることさえあきらめてしまうのではないかと心配もしていた。
物語の開始時点でも「売れないアイドル」だった春香の「無免許&轢き逃げ」以後の道中は、
彼女にとっては「夢が破れつつある」状態なわけで、それを受け入れるのはさぞつらいことだろう。
しかしつらい現実を他人のせいにして「易きに流れる」先にあるものが幸福である可能性は低い。
だから見ていて常に不安というか、突飛なことをする春香を笑って良いものか不安があった。
道中、春香はいくらも品性に欠ける、アイドルとしては相応しくない振る舞いをするが、
そのようにして春香が自分の在り方を律しないのは、
挫折によって春香が春香自身を諦めてしまったからなのか、
もちろん粗野なところも性質としてあるのだろうけどw 少し考えてしまう。
でもギャグだからコメントは笑うし(真面目にツッコむのは野暮だと思うけど)、
挫折半ばの春香もそれを笑うコメントも見ているのが落ち着かなかった。

一番それを感じたのは、春香がザリガニを食べて怪奇!ザリガニオンナ(?w)になったところ。
ザリガニオンナになった春香はその容姿に「相応しい」嫉妬を周囲に向けているシーンで、
春香の精神的な醜さを表す外見的な醜さ(美女と野獣の野獣ですね)をコメントは嘲笑するばかりで、

無免許&轢き逃げ3

…いや、絵面としても展開としても度が過ぎるほどギャグだし、
真面目にツッコんだら白けるので笑うのが正しいと思うが、
「美希ややよいには負けてるけど、伊織や雪歩なら五分五分…」と親しい人間にさえ妬みを抑えきれない
春香を笑えるほど私は「美しい」人間じゃないよなって悲しみもやはり実感としてある。



春香への心配、寂しさというものは、私の中の「女の子に対する愛情」の基本にあるものなんだと思う。
それは巡り巡って私のプロデュース感覚の話にも通じるもので、
私にとって悩めるアイドルたちは、かつての自分であり、友人であり、先輩や後輩であり、
少女漫画のヒロインのような身近な存在として認識しているところがある。
「憧れのあの子」や「成人男性のP」としてではなく、
同性・同年代としての共感をベースにした関係性と言うのだろうか。
親近感や愛着を抱いた「女の子」の拙さや悲しみに気づかないでいることは、
かつての自分、それに連なる現在の自分を見捨てるように切なく恐ろしいことだ。
自分可愛さというやつだろうかw


以前、「世界の終りのメロンパン」(覆面作家P)の感想を書いた際にも
私は「持つ者と持たざる者の対比」における「持たざる女の子」の扱いについて感情的になっている。
そういうのがツボ?なのだろう。
「持っていない」ことを見捨てられたらどうなっちゃうのか、自分でも不安なのかな。




たいていの人間は挫折や後悔の経験があって、勝者に対する敗者であって、
私も私なりにそういう経験があるからこそ、似たような状況にある女の子を見ると
不安になったり同情せずにはいられないんだろう。恥ずかしく情けない話だが。

厳密にいうと私個人としては春香の嫉妬を「醜い」とは感じていないのだが
(嫉妬するほど何物かに執着する女の子ってめちゃくちゃ情熱的で可愛いと思います)、
そういう精神性が世間一般(アイドル)として美しくない、あるいは彼女を幸せにしないことは理解できるという意味で。

人生の岐路に追い込まれた春香が、その先輩格としての小鳥さん
(特に第1章では春香がゲストキャラクター(同乗者)の容姿や若さに嫉妬する描写が多いので)
を許すことで自分のことも認められたのなら、
落ちぶれたときであっても信じてくれる人や待っていてくれる人がいるのなら、
夢の挫折からの「逃避行」の道中を「楽しかった」と言えるようになったなら、
彼女に共感していた私も救われるというものだ。
とゆーわけで、「無免許&轢き逃げ 逃避行」の春香はとても女の子らしくて可愛い子でした!


無免許&轢き逃げ2

まあ普通に可愛いからねえ。
そういえば「裏窓」での春香が「字が読めない」とか言い出したときも
いつものギャグだと思って笑ったのだが、今回の春香も中卒で…と言っていたあたり、
もし「字が読めない」ってのもギャグじゃなくて事実なら笑ってしまって申し訳なかったな。




雪歩あずさ美希伊織やよい千早律子小鳥亜美真美
同乗者××××
運転者×××××




私がこういう部分を気にしていた、というくらいの意味のないまとめ。
なんか心配ばかりしていたような感想になってしまったが、普通に面白おかしく視聴したのでw
普通に視聴していたつもりでも春香のことを考えていたのでそれを書いたつもり。
18話の始まりに雪歩の「まっすぐ」ステージが挿入され驚いたが、
その後の車を推すシーンの躍動感は負けてないというか勝っているのでは?と感じたのも新鮮だった。



見終えて一番印象が変わったのは律子。
よく分からないけどあたりの強い人、みたいな理解だったが、
再登場した彼女は現実的な視点でもって馬鹿な春香に厳しいことを言う、
それでいて春香を思う真たちを助けようともしていて、冷たいというより厳しい人なのだろうか。
「裏窓」の律子も765プロという袋小路を自覚しながらも春香たちアイドルを飼ったり切り捨てたりと、
俯瞰的な視点とそれに基づいて行動する厳しさをもちながら、同郷の響を助ける情がないわけではない人だった。
そういう人も好みなので、「無免許&轢き逃げ 逃避行」の律子も好き。
「親近感を抱く女の子」に対する「憧れのあの子」という点では、律子の方が私の憧れに近い在り方なんだろう。
それが本来の律子に近いかどうかはともかく、
一人に肩入れしないけど適当に付き合ってくれそうなところに甘えたくなるというか。


雪歩が正妻って感じも大満足でしたw
雪歩は立場としては春香に助けられた人物の一人でしかないのだろうけど、
春香の逃避行の始まりにいて、それは物語の終わりにいることで、やっぱり少し特別な女の子だ。
(というか、私にとって特別なんですけど)
春香の帰るべき場所、善性として描かれる雪歩は清らかな天使の美しさと温かさをもっていて、
ラストの春香と雪歩が再会するシーンでようやく春香が落ち着ける場所に帰ってこれたのだと心からほっとした。

無免許&轢き逃げ4
美人画かな?

雪歩といるときや雪歩を回想するときの春香は普段に比べればギャグも穏やか。
物語が始まる前から春香が雪歩を助けていたこととか、やっぱりはるゆきがナンバーワン!
逆に千早については、春香から美人と評されながら嫉妬されず、
村を救われたり男性的に(粗野に)求められながらも春香を「普通の女の子」として見るところが、
不思議なキャラクターだった。上の表でも、最後まで居場所を移動していないのは千早くらい?

無免許&轢き逃げ5
無免許&轢き逃げ6
無免許&轢き逃げ7





面白かったのでアレコレ書いたけど、野暮で申し訳ないな。
でも春香と雪歩が可愛かったので幸せでした。
タイトルや見始めたときの印象とはずいぶん違う話だったので、そこが興味深かったのかも。

追記は~11話までに考えた春香の嫉妬についてと、
12~最終話まで見ながらまとめてた一口メモみたいなの。
こういうのを残すのも自分可愛さってことでひとつ。 続きを読む
スポンサーサイト
  1. 2017/04/03(月) 23:00:00|
  2. ニコマス(テキスト系)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。