なんか言いたくなったこと

アイドルマスターを中心に、余計なことを書く。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

SUPER GIRL

思ってたよりマイリス数少なかった。

アイドルマスター 「SUPER GIRL」 リンP

私的にあずささんと言ったらこれ。
あずささんを好きになるきっかけの動画ということがひとつ、
もうひとつこの頃“P×アイドル”的な動画を毛嫌いしていたにも関わらず好きになったから、というのが理由。

私はもともと「雪歩が好きだからニコマスを見る専」だったので
雪歩以外のアイドルの動画を見るきっかけは選曲、さらにそのアイドルを好きになるまでには
動画が好きになる
→アイドルが気になる
→そのアイドルが出ている他の動画を見に行く
→アイドルの内面に迫る内容の動画を好きになってアイドルのファンになる
のような段階を必要としていた。
要は『SUPER GIRL』のあずさがとても可愛くて、それがあずささんを好きになるきっかけだった。
そういうわけで印象に残る動画なのだが、
同時にこの頃は“P×アイドル”的な動画、
Pがアイドルに愛を訴えてアイドルが大喜びで応える…みたいな動画が苦手だったので、
『SUPER GIRL』を好きになったことは自分でも意外に思っていた。


映像はコミュだけでなくレッスンやオーディションも用いてプロデュースを振り返るような作りだが、
それに呼応する軽妙で愛のある歌詞がPの愛情を如実に伝えている。
曲は岡村靖幸の「SUPER GIRL」で、
スーパガール=アイドルに尽くして内心アピールを続けるPの姿が歌詞によってコミカルに映し出される。
また、そんなPの視点からあずさのコミュを見つめれば、
あずさからPへの好意もあずさの可愛らしさもよくよくわかる。
あずささんが可愛くて、思わずあずささん動画をめぐりたくなるから!(経験談)

それでもPとあずさの関係を拒否することなくあずさの魅力を見出せたのは、
あずさはゲームのヒロインであり、Pとはそれを俯瞰してみるプレイヤー、
というような視点があったからだ。
2番の始まりでは歌詞とDLCに対するPの複雑な感情が重ねられるが、
コミュ等の映像はどれも歌詞合わせに特化したもので
P固有の思い入れや感情は表現されない。
そうやって普遍化された「あずさへ惜しみない愛情を注ぐPの姿」は、
ひとつの物語となってアイドルを愛するPやファンの共感を呼び、
アイドルから寄せられる愛情も嫌味なく受け取れる。
そして、俯瞰する視点は決してコミカル/シニカルなだけでもない。
ラストステージではアイドルが積み重ねられた思い出に応えるような
FランクアップからのPの愛情とそれに応えるようなあずさのアピールが
ラストコンサート後の二人を予期させる。
1番ではあずさに向かっていた歌詞が、あずさをFからAランク以上まで育てたPに返ってきた、
そんな達成感とそれ以上の幸福を得られる。
それでいて肝心のラスト、告白のシーンまでは見せず、
安易にP×アイドルの結末を持ってきて終わり、にならないあたりが
「Pからアイドルへの、アイドルからPへの好意の描写は好きだけど、両想いになったら嫌だなー」
という、私の欲求を満たしてくれたのかもしれない。
留められたPの愛情が解放される手前で終わる感じ?
衣装が黒から白、ショートパンツからスカート、シルクハットから冠になっているのも
そういう流れの一部なのかしら。

しかし「もう戻らない、ときめいていたあの頃。」という動画説明で一瞬切なくなったが、
よく考えると(動画では切り取られていても)ゲームではあずさと結婚まで至る上に
それを示唆するように「ステキな人=Pさん?」とデレデレするあずさコミュも挿入されるわけで。
片想いが終わって新婚生活を始めたPがあずさとのプロデュース活動を思い返している様子を
想像すると、なんかこう……w



アイドルマスター 「SUPER GIRL」 Short

こちらを見ると、完全版はダンス以外のシーンも動きがあってテンポがいい。
コミュもいくつか変更された結果、ダンス・歌詞シンクロともに精度が上がっている。
やはり映像と音楽が合っているのは見ているだけでも楽しい。
プロデュース初期の純粋な二人三脚感が、完全版と趣は違うが初々しくて爽やか。




あずささんの動画の中でも最初に好きになった動画なので思い出深いが、
なんで好きになれたのかは疑問のままだった。
今回感想を書くにあたってこういうことなのかな、と考えを出してみたが
「あ~『GAME』のPだわ~」と思ってしまって内容がないよう。
スポンサーサイト
  1. 2013/07/19(金) 21:30:51|
  2. ニコマス
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<ブリキの夜明け | ホーム | 罵れ!伊織ちゃんW>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://furumito.blog.fc2.com/tb.php/146-2f0da508
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。