なんか言いたくなったこと

アイドルマスターを中心に、余計なことを書く。

かえってほしいの

アイドルマスター かえってほしいの メイド好きLP氏

とても“女子高生っぽく”爽やかで元気が出ました。
好き!って気持ちを近いうちに忘れてしまいそうだったので感想を書かせてもらいます。

曲はhomecoming「I Want You Back」。
曲と声の抜け感(という表現は失礼かな、ゴリゴリガツガツしたロックバンドじゃないなーくらいの意味です)、
歌詞の英語も当然のように日本語英語発音なのがいかにも高校生らしい。
歌詞は(多分)望みのない片想いについて描かれているがそれも極端に悲しい調子ではなく、
ドラマティックさが削がれた結果としての平凡さにリアリティがある。
加えてヴォーカルが女性ということで、“女子高生っぽい”という感想になったのかと。
メロディも緩すぎず尖りすぎず…イントロからヴォーカルへの流れ、コーラスも綺麗…かな!音楽は説明できない!
この曲と声の印象が、はるちはみきを本当の女子高生らしく仕上げてくれていた。
(あくまでも私のイメージする女子高生っぽさで、美希は中学生だけど些細なことだ)

曲や声からくる女子高生らしさは、年齢や性別に衣装等はるちはみきにも通じるが、
むしろ動画には、曲とは少しずれた快活さがある。
短いスカートでも躊躇わずに飛んだり跳ねたりされると、際どい太ももなんかも健康的なエロスというか…
下着が見えそうだけど当人たちが気にしてないのでこっちもどうでもよくなるというか?
スカートからのぞく足は健康美として、乱れっぱなしのスカートやネクタイと同種の瑞々しさがある。
思い切りの良い動きにダンスの一体感が加わったことで
観客を盛り上げようというよりただひたすらステージを楽しんでいるはるちはみき
となるのが、これだけパワフルでありながら暑苦しさを感じない理由だと思う。


iwtb1.png
冒頭にちはみきハイタッチ→春香を手招き→

iwtb2.png
流れるようなフォーメーションチェンジで足並みそろったダンスまで持ってくる、
はるちはみきの一体感あふれる構成になっている。と思いました。個人の感想!
それぞれの笑顔をとらえるアップと3人全体の動きをとらえるロングが繰り返されるうちに、
1:58~あたりからのばらけた動きの中にもはるちはみきのまとまりが浮かんでくる。
あとやはり髪、ネクタイ、スカートと乱れっぱなしで足が本当によく動く、のが気持ちいい!
上の画像でも膝が少し曲がっている=重心のずれなどから、とにかく動的で気がはやるような感じを受けた。


一体感のある(偏りのない)ダンスやカメラのおかげか、
春香にあまりセンター感(リーダー感?)がないのも好ましい。
アニマスからこっち、765プロやアイマスそのものが一丸となるために春香という中心が必要とされていた。
『かえってほしいの』での春香は、リーダーではなく単なるユニットメンバーの一人として
もっというなら単なる友達同士の軽やかさでちはみきと一緒にステージを楽しんでいるように見えた。
ある程度はリーダー感もあるが、アニマスからの流れを汲んだセンター感に比べれば小さなユニットに過ぎない。
それが新鮮かつ爽やかで、女子高生…友達っぽさ?を思わせたのかも。クラスメイトの3人的な。
センター春香には特に好悪も関心もないけど、等身大の女子高生像を求めるならこういう感じかな?
尖りすぎない曲が声に3人のダンスを包み込んだそれは快活な少女たちの青春賛歌のようでもあり、
なんだかとても明るい気持ちになった。

iwtb3.png
この楽しそうな3人に紙吹雪がきらきら降り注ぐのを俯瞰した構図、が好きだから賛歌とか連想するのかも。

何度も見てたらパンチラシーンもありましたがw
そこではなく、はるちはみきの爽快で和気藹々としたダンスを見ているうちに明るい気持ちになりました。
私は気に入って繰り返し見ているうちに、あんまり爽やかなのに作為を感じてあれこれ穿ってしまいたくなったり、
そうでなくても新鮮な感動なんて摩耗して最初の爽やかで好き!という感覚を忘れてしまいがちなので、
初見時の直感的な感想でも書き留めるようにしている。意味はないです。
直感の答えを動画内に求めるので作者の意図とはずれることも多いけど…悲しい!

スポンサーサイト
  1. 2014/03/26(水) 01:16:16|
  2. ニコマス
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<おっぱい | ホーム | どうしようもない僕に天使が降りてきた>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://furumito.blog.fc2.com/tb.php/172-948c7787
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)