なんか言いたくなったこと

アイドルマスターを中心に、余計なことを書く。

can't take my eyes off...

【響誕生祭】 can't take my eyes off... 【アイドルマスター】 トウマ氏


トミー懐かしい。
20選でも選ばせていただいたすごく好きな動画。
私は20選の並びや流れを考えている方なのだが、だいたい雪歩ソロ動画のあるあたりが重心で、
そこに近い動画ほど質量も大きい場合が多いので…、とにかくすごく好きってことです。


曲はTommy february6の「Can't take my eyes off of you」。言うまでもなくカバー曲。
アルバム持ってるよー懐かしい。

動画内では響を見つめる視線、見つめるPの存在感が強烈だ。
G4Uをわざわざカメラをのぞいているような画面に仕上げたかと思えば、そこに撮影者の記名をしたりと
丁寧なつくりで始まった動画は次第にどこか引っかかりを覚えるつくりになっていく
(引っかかりがどこまで意図的なのかわからないが)。
特に気になるのはコミュを用いたシーンの差異だろう。

cant1.png
凝った演出で(タッチ)コミュ、Pのセリフを見せたすぐ後に、

cant2.png

cant3.png
ゲーム内にあるPのセリフを用いず、さらに響(コミュ)を消して背景を黒にしてからPのセリフを改めて見せる。
Pのセリフをそのまま利用、もしくは改変や上書きして「響とのコミュニケーション」を見せるのではなく、
黒背景に(ゲームにはない)「自分」のセリフのみ表示することによって、
ここではむしろ「響とのディスコミュニケーション」が強調されている。
「違うよ 君に会いにきたんだ 我那覇響」
というセリフから伝わるのはアイドルと初対面のコミュで響と会えた喜びではなく、
会えたのに会えていない二次元と三次元の壁というのか、
ゲーム内にあるアイドルと外にいる自分の断絶と孤独だ。
その後のダンスシーンも同様に黒背景のセリフ表示が繰り返し挿入されるため、
正直かなり見づらいというかダンスには乗りにくいかなーってw
また、ディスコミュニケーションに打ちのめされるように、後半カメラは響の瞳をフレームアウトさせるようになる。
そう考えると、タイトルの曲名から“You”が省かれているのも同じ理由かもしれない。

『can't take my eyes off... 』以前のトウマPの作品は凝った映像技術がクールなラインナップで、
こちらのような動画を作る人とは思ってもみなかった(偏見だけど)。
だから上に書いた感想も、次の作品が投稿されるまでは自分の感傷、勘違いかと思っていた。



【美希誕生祭】 no one's home 【アイドルマスター】

『can't take my eyes off... 』にもあった黒や瞳の要素が洗練され、
より大胆かつ端整に、ひとつの作品として素晴らしい完成度の動画。
どちらが綺麗かとたずねられれば『no one's home』と答えるだろう。
うーん、でも、『no one's home』が投稿されるまでのおよそ2カ月、
私は何度も『can't take my eyes off... 』を見ては、上の書いたようなことについて考えを巡らしていた。
少し見づらくてそれまでの作品とギャップがあったのも悩んだ原因だと思うけれど、
そういう風に2カ月見た動画との時間、付き合い方込みで20選に選ばせていただいた。
実際はともかく、どうしてもこちらが「続き」に見えちゃうくらいファーストインパクトが大きかったということで。




//
先のコミュが時系列的に入れ替わっていることに深い意味はないのかもしれないが、なんとなく穿ってみたり。
『GAME』(リンP)を見たとき
仮に「アイドルに断罪される」ような心地を味わうとすれば、
それはプレイヤーの優位性からくる罪悪感の問題であって
そもそもアイドルはプレイヤーを認識して主体的に行動しない(断罪どころか無視さえできない)、
『GAME』のアイドルすらプレイヤーのエゴだという寂しさにも繋がっていく。
(アイマスは声優さんとかニコマスとかいろいろありますからちょっと複雑ですけど)
その寂しさがあるから、『Dimension765』(リンP)を見ると
(この場合の異次元はプレイヤーごとの雪歩像のことなのか、
 パラレルな各ゲーム世界のことなのか、その両方かはわからないが)
雪歩をプレイヤーと同じか上位において対話する(認識される)錯覚によって慰められたいのだろう。
H.M.Dの使い方とか、それだけで優位性が少し解消されるような。
あと雪歩可愛いから癒される。



もちろん私の考えたことがPの意図と異なる可能性は大いにあります。
こういうこと考えるの、一人相撲だな~って情けなくなるんですけどね~。
スポンサーサイト
  1. 2015/06/07(日) 21:30:00|
  2. ニコマス
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<如月アテンション | ホーム | グラデーション/恋は渾沌の隷也>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://furumito.blog.fc2.com/tb.php/206-dfdd0c89
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)