なんか言いたくなったこと

アイドルマスターを中心に、余計なことを書く。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

ぽんでび

「ポン・デ」と言われるとミスドのポンデリングが浮かぶのだが、
それはポルトガル語の「Pão de」、日本語でいえば「~状のパン」で、
正しくはパトワ語の「Pon de」、すなわち「on the」という意味らしい。
パトワというのは英語で「方言」、
英語とアフリカ言語をベースとしたジャマイカの言葉(「ジャマイカ・クレオール語」)で
レゲエと馴染みが深いのだとか。
勉強になりました。



「Pon De Beach」もいくつかのノーマルPVが投稿されているが、
個人的には中でも以下の二つがお気に入り。

[MPV] Pon De Beach [我那覇響] のらP


【アイドルマスターOFA】響でPon_de_Beach【ノーマルPV】 おにおんP


つまり「Pon De Beach」×船上ステージが好きとなのだが、
それは転じて、いくつもの魅力(属性)を兼ね備える響のどこが好きか、という問いの答えにもなる。


ひとまず、歌詞を見ていこう。
「Pon De Beach」の歌詞(水色部分がPVに使われた部分)

さあさあさあ
燦々 照らすサンシャイン
ハイサイのスマイル
ちょっとだけバイバイ大都会
今日はプールサイド コーヒー2杯
24Hブランチタイム

ラン ザ チューン
いかすグルーヴにオーシャンビュー
右手にジュース 山盛りパッションフルーツ
ブルーのムームーでリラックス!
一日中パーリータイム

叩こう ココナッツ アゴゴ
輪になって さあ!

歌おうぜ ポンデビーチ
太陽を両手に 白いボートを背に 笑いながら

きこえるよ ラララ そよ風のラバダブ
身を任せたなら空も踊りだす

天気ならホノルル並み そっとゆく波くる波
わたしたちだけのプライベートビーチ
口ずさむこんなメロディー セイオーオーオー
あいさつはそうさ ヤーマン アロハ

ラン ザ トラック
ハイハット ベース&UVカット
ほら夕焼けのレーザー宙に舞う
キック スネア&ブリッジはまだ?
待ちきれないわ

パパパ エビバディ クラップユアハンズ
輪になってダンス!

あの波のせいにして 君をひとりじめ
黄昏のステージで 打ち明けるよ
夏の物語 そう まるでファンタジー
夢みたいな花火 打ち上げるよ ドン!

ビックバン 音と光のストーリー オーオーオー
一発ごとに近づく距離 どんどん ドンドン
それは夏の作法 歌うたおう
もっと笑おう 声あげて オーオーオー

行かないでサマーデイズ
星の砂浜で ずっとこのままで終わらないで
サーフボードの上 真夏の夜の夢
手をつなぎたくて 君と見てる


眠るハイビスカス 愛に気付かず
君の手まで果てしないディスタンス
オーオーオー
きっといつか!


歌詞には「照らすサンシャイン」と「星の砂浜」に代表されるような、
夏のビーチの「昼」と「夜」
という異なる二つの要素がちりばめられている。
フルでは「夕焼け」「黄昏」があるので、本来は昼夜というより一日なのだと考えられるが、
おおまかに、昼:1番、夕:2番、夜:ラストサビ2回分という構成で
PVでは2番がほぼ省略されているので、ここではあくまでも「昼」「夜」の二項に注視することとする。
この取捨選択の比重が影響して、「Pon De Beach」は主に陽気な「昼」部分が目立つ作りとなっている。

「昼」には「歌おう!」「さぁ!」など、
アイドルとしてファンに対する呼びかけを思わせる部分やバックの歓声
(ダンスでも煽るような振り)があるので、
集団の一体感からくる高揚が、歌の軽快さと合わせて非常に盛り上がる。
「24hブランチタイム」「一日中パーリータイム」とその勢いは留まることを知らず、
また、「サンシャイン」「コーヒー」「オーシャンビュー」「パッションフルーツ」「ブルーのムームー」「白いボート」など、
明るく色彩豊かな情景とともに描写される。
一転、「夜」では「真夏の夜の夢」「君」といったミニマルな関係性、
アイドルとしてではなく個人に即した(と思わせるような)片想いの切なさに
「星の砂浜」の通り、静かな暗闇の情景が添えられている。

「昼」が極彩色で盛り上がるほど、
「夜」の楽しかった一日の過ぎる寂しさ、そこに浮かび立つ繊細な関係のギャップが際立つ。
その狭間にあるのが、「昼」の華やかさと「夜」の儚さを併せもつ(おそらくは「夕」の一部なのであろう)「花火」だ。
(「一発ごとに近づく距離」が、「夜」になると「君の手まで果てしないディスタンス」なのもまた切なくて!)

これらの「昼」と「夜」に表れる異なる二つの要素は、響の中にある
沖縄出身で家族大好き、「自分、完璧だからな!」と言ってはばからない強気や実力、快活なストレートさと、
しかしその裏にある弱気や寂しさを押し隠す奥床しさの二面性と重ねられる。


私は単に恋愛物好きということもあって「夜」の部分を重視したPVが好きなのだが、
船上ステージは唯一、「星の砂浜」「真夏の夜の夢」に通じる
「夜空」「夜の闇」が見られるのがとても良い。
「昼」の情景は歌詞でもしっかり描かれるし、なにより響の明るく元気な歌やダンスで十二分に体現されている。
逆に「夜」を示すような情景は、曲の短さもあって本当にわずかしかない。
その短さが散ってしまう花火のような余韻を醸し出しているのも事実だが、
ここに視覚的なアプローチでアクセントをつけてくれる船上ステージ、そこで踊る響には格別のものがある。

ponde3.png

ponde2.png
本物の夜の闇の中で切ない表情をする響。
歌のキャラクターと現実のキャラクターの視覚的な一致が、そこにある心情を浮かび上がらせて
歌と歌い手の魅力を引き立てる。
そして、これがあるからこそ、翻って響の明るく元気な振る舞いをも愛おしく感じられるのだ。
PVであれば花火なども歌詞では見えにくい音や光が表現されるのでありがたいですねー。



船上ステージのみとりあげたけれど、屋内ステージは照明で「昼」と「夜」、さらに「星」まで演出できる。
S4UエディテッドPV 『Pon_De_Beach』 はりけんP


ponde1.png
「花火」が終わった後の「夜」でバックスクリーンと併せてステージ全体が真っ暗になり、
ロングカメラで広いステージにたった一人の響が映されるのが印象的。
黒髪がバックスクリーンに、衣装が照明の色合いに紛れてしまいそうな画面や
遠くを見つめ少し前のめりな姿勢と胸に添えられた手が、
去りゆく一日を惜しむ切なさと通じていて好き。



参考にさせていただきました。
アイドルマスター 響の魅力を紹介するZO!(初心者向け)



要するに、私としては響(のキャラクター)が好きだからこの歌が好き!というよりは、
この歌に歌われる女の子の片想い情景がまず好きで、そこを響が見事に演じきっているから
PVすごい!となったわけで。
ちょっと違うんだけどREDGARDENのOPとか思い出しちゃう。
少女漫画のヒロインに感情移入して、そのままヒロインを好きになっちゃうんですよね~。
上の画像では響でなく風景まで歌詞そのままで、そこに夢中になってしまいます。
OFAも追加シナリオも未プレイのためこの曲ができあがった経緯はわからないですが、
何か変なところがあったらすみません。
スポンサーサイト
  1. 2015/05/07(木) 21:30:00|
  2. なんか
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<好きな歌詞 | ホーム | タイトルなし>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://furumito.blog.fc2.com/tb.php/211-3894f335
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。