なんか言いたくなったこと

アイドルマスターを中心に、余計なことを書く。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

プライベイト

【伊織誕生祭2016】プライベイト mitsuyuu氏

お誕生日おめでとう(の予定だった)
2月14日は雪乃さん、フレデリカ、ほくほくの誕生日!
sideMの新ゲーム・アニメ化おめでとうございます。



動画中に「不思議な歌」というコメントがありまして。
私は林檎ファンで、この曲を「不思議な歌」だと捉える感覚はなく
そういう感覚の人が曲や動画をどう見ているのか気になるな、という話。
ちょうどオリンピックや宇多田のことで名前が表に出たところなので、タイミングかなーって。


林檎ももうメジャーデビューから20年、活躍の場も多岐に渡り
近年は紅白や五輪開閉会式の演出などで話題になっているが、
そのうちのどの時代を見ていたかでイメージも千差万別だろう。

「ここでキスして。」の等身大の小娘っぽいキュートな雰囲気や


いわゆる新宿系「歌舞伎町の女王」、


あるいはナース服「本能」で表現されたエキセントリック…メンヘラっぽい印象から更新されない人も多そう。
うちの親なんかまさにそれだろうなw


さて、その中でも林檎(曲)における「少女的」な趣を見出されているのが伊織でしょう。
せっかくなので以下ニコマスでの時系列順に、伊織×カプチーノ。

2007年05月05日 09時13分
[MAD]アイドルマスター 美希・伊織デュオ「カプチーノ」(伊織EDバレあり) ありすえP



2008年05月05日 23時57分
アイドルマスター カプチーノ(ともさかありすえ) 伊織ソロ DikeP



2008年10月18日 04時00分
(合作)ニコマスメドレー ~2008 秋の祭典~ かんどるまP



2009年04月18日 05時03分
アイドルマスター カプチーノ-art whoP



2013年03月03日 03時03分
c@ppuccino むきリンP



2015年01月25日 20時00分
伊織 『カプチーノ』 PV あとりえP



2016年05月05日
アイドルマスターOFA 『カプチーノ』Short ver.伊織 けるまP




特に2008年の合作時点で、公式曲やニコニコ動画全体でヒットしたパロディとしてではなく
ニコマスMAD文脈によって選出されているあたり、
当時のニコマスでもすでに一定の人気を得ていたのではないかと思われる。
そして、ニコマスに留まらず公式カバーまでされた「カプチーノ」御大。
伊織の「カプチーノ」はともさかりえや林檎のそれとはまた異なった魅力があって良いですね。
成人したともさかりえや林檎ではない「15歳の少女」の幼さと
「アイドル物」の作品だからこそ強く生じる「アイドル」を務める意志が同時に感じられて、
伊織にしかできない(=林檎の真似ではない)歌になってるのかなーって。


しかし、ここで注目すべきは林檎の要素以上に「アイドルへの提供曲」という側面だろう。
(林檎ファンの私から見れば、林檎の「職業音楽家」的な面である)
ここで指す「アイドル」とは自分で作詞作曲を行わないタイプの女性歌手の中でも、
いわゆる松田聖子、中森明菜、モー娘。のような音楽活動を中心としたアイドルではなく、
「カプチーノ」を歌ったともさかりえ、そして「プライベイト」を歌った広末涼子のような
ビジュアル的要素、もといグラビア・女優業の印象の強いアイドルを意味している。
今だと柴咲コウなどがその系譜になる…のかな?
それとも、女性アイドル/芸能人は多様な仕事をこなしていくうちに方向性を見出すものなのだろうか。


ちなみに、2016年上半期20選では広末の「MajiでKoiする5秒前」を選んだ。


これは上記のような「ビジュアル強め」アイドル観と
つやつやのポニテを揺らす智香ちゃんから感じられるザ・アイドルなビジュアル力が
私の中で一致した結果生じた鮮烈さも一因になっているだろう(ということに今気づきました)。
素敵なものへの弾むような期待と可愛いアイドルのきらきらした瞳やダンスが合わさって最強に見える。
デレステのモデルでアイドルの外見的魅力に目覚めることが多々あって
(顔だと里美ちゃん、とときん、よしのん、瀬名さんが好み)、
デレステ本当に楽しいです。



閑話休題。
ダンス楽曲・衣装構成について以下にまとめる。

イントロ~1番サビまでがアイマス2初期を連想させる
・MEGARE!
・アイドル@スクール

1番サビ後~2番~間奏までをPS3アイマス2エクストラモード竜宮小町の新曲・新衣装である
・七彩ボタン
・プリンセスメロディ♪

間奏~アウトロまでは、アイマスofaの伊織専用楽曲・衣装となる
・全力アイドル
・EX衣装(アルティメットアピール)

このように、アイマス2以降のゲーム展開における伊織の要所を押さえた構成となっている。
借り物素材のためか曲のテンポのためか全体にスローな長回しが見られるが
その分伊織のダンスや表情をきちんと読み取ることができる。
カットを切り替えるタイミングも適当でテンポを乱すこともなく最後まで一息に見られる。
元動画との比較で言えば、シネスコ的な横に広い画面であること、
色調はワントーン明るく、淡いピンクのような色合いでまとまりもよく、
元動画より赤味がかった画面の効果で可愛らしいながらも幼稚ではない上品さを保っている。
衣装も赤・ピンク系なので画面が常にめちゃくちゃ可愛い(伊織がいる時点で可愛いけど)。
だからか、何度見ても可愛いし落ち着くしで飽きないのだろう。



個人的な希望としては、ともさかりえの歌う「カプチーノ」の少女性が伊織と合うのはよくわかったので、
せっかくならありすえPの『カプチーノ』にいた美希の演じる「カプチーノ」も見てみたいかも。
椎名林檎が歌う「カプチーノ」は(昔ライブでセルフカバーした音源がある)
ともさかりえのそれよりもう少し性的なニュアンスをはらんだ“小娘”っぽさが特徴で、
林檎が10代20代の頃に書いた詞にしかない瑞々しく直情的ともいえる恋愛観が良いのよねえ…。


最近はどんどん記事の感覚が間延びしているが、
他人の意見を読むのが好きなうちは書くことをやめる必要もないかなーって。
スポンサーサイト
  1. 2017/02/14(火) 21:30:00|
  2. ニコマス
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<陽気なアイドルが地球を回す | ホーム | 2016年下半期ニコマス20選>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://furumito.blog.fc2.com/tb.php/233-4de881d5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。