FC2ブログ

なんか言いたくなったこと

アイドルマスターを中心に、余計なことを書く。

MAZE OF LIFE

1日に更新したつもりが投稿できてなかった…。
月1更新をしたいという気持ちで短いですがひとつ。

【二宮飛鳥誕生祭】MAZE OF LIFE もじさんP


「MAZE OF LIFE」は学園を舞台とするRPG「ペルソナQ」のOPテーマということで、
未知の冒険を前に高揚する青少年たちの姿が、まさに私の中の飛鳥のイメージと重なる。
彼女の一言、立ち姿の一回性のきらめきが動画から浮かび上がってくるようだ。


ということで、私の中の飛鳥のイメージの話。
私的な飛鳥のイメージが形成されたタイミングは、jewelries!シリーズにて募集されたカバー曲を模索したとき。
担当ではない後発のアイドルに対しては表面的な知識しかなかったため、
選曲の指標となるような彼女のパーソナリティについて吟味することが必要だった。
当時は飛鳥の声優が発表されていなかった(=個人曲がない)こと、
jewelries!003には、フレデリカ・志希・早苗・唯・周子など「ゆるい」アイドルがそろっていて、
それぞれのカバー曲を考えるにあたってアイドルごとの特異な性質(本質)に如何な差別化を図るか、
という思考も影響になっていたことも付記しておく。

その結果、私なりに見出した飛鳥の特徴は「頭でっかち」。
中二病的かつそれに自覚的で(高二病?)、賢しらなことを言うが具体的な体験に基づいた言葉に乏しい…
というのが当時獲得した印象である。まあ、先達の「中二病」アイドル・蘭子が邪気眼系であるのに対して、
飛鳥は原義的なタイプとして描かれているだけかもしれないが。


以上より、飛鳥にとってアイドルという「体験」のもつ輝きは、彼女のわずか14年という人生において
とても貴重な時間なのではないか、という感覚が常にある。
そうして、行く先も知らず迷走さえ楽しむ飛鳥の期待にあふれる心を抑えられないダンス、青春の逸る心に、
見ているだけの私までドキドキしてしまうのだ。
動画の構成も、前半は静止画を使った抑制的な演出を経て、サビに入ると一気に身体的な動きが画面を支配する。
それでいて、歌詞による飛鳥のない面描写だけは変わらないのも良い。
前述の通り、私は飛鳥の「言葉=思想」こそ彼女に備わっていたものだと考えたので、文字の演出もそのイメージに沿う。
このような青春の輝きを放つ動画に添えられる曲が青春RPG「ペルソナQ」のOP、つまり冒険の幕開けを飾る曲であり、
アイドルという処女航海にいざゆかんとする飛鳥を彩るのにこれほど相応しいものもないだろう。



参考:
「双翼の独奏歌」コミュは最高だったという話 - Dreamdancer
スポンサーサイト
  1. 2017/11/09(木) 21:30:00|
  2. ニコマス
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<とびきりのおしゃれして | ホーム | 七六五家蜘蛛の会>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://furumito.blog.fc2.com/tb.php/246-d6ceb6f0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)