なんか言いたくなったこと

アイドルマスターを中心に、余計なことを書く。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

おなじ話

『君はずっと幸せだった?』の感想を書いてみて、
結局アイドルを愛するためには、媒体ごとにある程度の観察/考察/統合が必要なのかなあと思った。
私は各媒体ごとのアイドルが完全に同一ではないと思っているので、統合なんて無理な気がする。
「性格や根本は一緒」と言われても、原作(キャラの背景)が違えば
私にとってそれは似て非なる誰かでしかない。中の人とか考え出したらきりがないし。
そもそも現実の人間だって一貫性はない。
…多少の矛盾もキャラクター性だと、それはそれで受け入れよう。
統合じゃなくて妥協と擦り合わせだろうか。
感覚的には焦点を合わせるというか、視点高さを合わせるというか、偏光板を重ねるみたいな?

という流れで思い出した動画。

【アイドルマスター】おなじ話【春香】 浅葱P

実を言うと、とあるブログの解説記事を読んでから見たので、私の印象はその方の解説に引きずられている。
なので個人的な感想は控えさせていただく。
でもまあ、私が感想を見かける(しかも2ヶ所で)くらいなのでみんなこの動画のことは知ってるし、
ついでにブログの方も知ってるだろう。知っていても言わないでください。

見る人によって解釈は異なるだろうが、改めて見て、私は切ないけれど希望はあるなあと思った。
加えて気づいたのだが、この動画には春香からの明確な呼び掛けがある。
昨日は「私は何もできない」ということを話したが、私から何もできなくても
アイマスはアイドルがPのことを呼んでくれるという、当たり前のことを思い出した。
あの呼び掛けは原作だ。
PからだけではなくアイドルからPへの関わりがあることに幸せを感じた。
(シミュレーションゲーム?とかやらないので、キャラと会話するって感覚は新鮮だ)

『おなじ話』はもちろん二次創作なので私は納得できないままだが、
それでも春香の「プロデューサーさん」って呼びかけを思い出すと幸せな気分になれる。
一瞬すれば幻想だとわかるけれど、その一瞬の幸せがすごく好きだ。

アイドルが話しかけてくれる、
やっぱアイマスって神だわ。



…ちょっと微妙な部分を結論のために省略したら、一日分にしては少なくなったw
今回はいろんな意味で内容がないが、
『おなじ話』を載せることでこの記事の99割は完成していた。
スポンサーサイト
  1. 2013/01/25(金) 09:00:35|
  2. ニコマス
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<City talk | ホーム | 君はずっと幸せだった?>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://furumito.blog.fc2.com/tb.php/29-5604a58f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。