なんか言いたくなったこと

アイドルマスターを中心に、余計なことを書く。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

crosstalk

ほくまこから考える真の魅力、とか。

【呪詛02】crosstalk【北斗】 もっさり氏

ほくまこ…ほく→まこ、というべきか。(片想い…意志の疎通を重視するかどうかの違い)


曲は樽木栄一郎「croostalk」で、片想いというよりすれ違うカップルを男性目線で歌ったものだろうか。
しかしほくまこに注目して聞くと、コメントにもあるように
北斗が真を追いかける(片想いの)動画に見えてくる。
それは多分、真と北斗の関係に距離を感じるからか、真が北斗のアプローチを理解できていないと感じたからだ。

前者は歌詞や映像から得た印象である。
黒スーツのジュピターに対して、白い衣装と胸の薔薇が華やかな真・春香・やよい。
そもそもジュピターと対決すべき女性アイドルたちに距離を感じるのは当然だが、
ジュピターから離れた北斗であっても、
歌詞の「遠くに見えたのは魅惑の花」など、所属に関係なく存在する真への心理的な距離を思わせる。
また、エフェクトのせいで北斗には真に過剰なバイアスがかかって見えている(恋している)ようだ。
「逆さに見えていたのは僕のせい」は、北斗が原因ですれ違いが起こっているという意味にもとれる。

また、歌詞は「全然わかってないよ」と真が北斗の気持ちを理解しきれていない、
という後者の描写も強調する。
それは歌詞だけではなく、間奏における北斗と真のコミュシーンにもそれがうかがえる。
最初の接触では二人の言い合いが続き、最終的に北斗はその場を去っているし、
次のシーンで北斗は大げさな動き(アプローチ)で感情を伝えようとしているが、
真はそれに腕を構え眉をひそめている。つまり、全く理解できていない。
冬馬と春香、翔太とやよいの対立描写は、北斗と真の意思疎通ができていないことの
メタファの役割とも取れる。
それはそれとして、冬馬の憂い顔がイケメンだ。お前そんな顔できたのか。
ラスサビでユニット同士が向かい合って対決するシーンが、
彼らなりの解決やハッピーエンドを示しているのだろうか。
2でほくまこについてどれだけ言及されたのかは知らないが、この動画にはPが存在しないためほくまこも
成立しそうな気がする。


歌詞が女性に依存するようなものなので、
それを女性をリードする印象のある北斗に合わせるのは面白いと思った。
普段とはギャップのある姿だけに、北斗の真剣さを感じることができる。


さて、動画のほくまこから考える真の魅力。あくまでも私が考えるうちのひとつ、であるが。
この北斗と、北斗の恋愛感情(片想い?)を通して真のことを考えると、
真の魅力のひとつに「自分の魅力が分かっていない」という点があげられる。
というのも、この動画で真があまりにもなびかないどころか北斗の態度へのレスポンスがそっけない。
それはなぜか考えたところ、北斗の全女性を博愛する考えと、自分の女性的魅力に自信のない真の間に
齟齬が発生しているために、二人がすれ違っているのかもしれないと思ったのだ。

真は“女の子らしくなるため”アイドルを志すが、それは自分が女の子らしくないと思っていることを表す。
(実際、可愛い系より格好良い系の人気が高いようだが、それが真の可愛さを否定するとは限らない。
 まあでも、素を知らないと理解するのは難しいだろうか?)
“女の子らしさ、可愛らしさ”の自覚/理解のなさは「まっこまっこりーん」のように
極端な(間違った)形で発露されているのかもしれないが、それはおいておくとして。
自分のままじゃ可愛くない=大げさな可愛さアピール、とか?
しかし北斗にとって真はそもそも“可愛い女の子”で、そこに二人の意識の差が生まれたため、
二人のすれ違いが引き起こされたのではないだろうか。

そう考えると、真の自分の魅力に無頓着な、純真で危ういところに気づかずにいられない。
純真さをそっとしておきたいような、魅力を教えてあげたいような、
もしくは無自覚さにちょっとハラハラするような…なんにせよ、目が離せない子だなあと思った。

歌詞の「わかってないよ」の部分が、
「(北斗の気持ちを)わかっていないよ」ではなくて
「(真が自分の可愛さを)わかってないよ」(と北斗が訴えている)ように聞こえたので書いてみた。
先程も書いたように、冬馬や翔太は北斗の感情のメタファの役割でもあると感じたので、
冬馬の憂い顔のようにすれ違いに切なくなったり、
翔太の怒気を含んだ表情のように真の頑固さを怒りたくなるような、
複雑で決して綺麗ではない感情が北斗の中に渦巻いているのだろうか…と想像したり。
無自覚に翻弄する、真って魔性の女だw
真のPって真のどんな部分に魅力を感じたのだろうか?
きっと私も、やっぱり真も気づいていない真の魅力が、まだたくさんあるんだろう。



少女小説読んでるのでそういうモードなんですわ。
いろんな意味で真はヒロインレベル高いなぁと思いますw
旅行から戻ったんで、久々に書き溜めでない記事だー長くなった。

スポンサーサイト
  1. 2013/02/16(土) 21:30:01|
  2. ニコマス
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<真「ヤローじゃないぞ、このヤロー!」 | ホーム | ほくとはぴばっ>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://furumito.blog.fc2.com/tb.php/53-4b3fa44c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。