なんか言いたくなったこと

アイドルマスターを中心に、余計なことを書く。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

My Favorite Things

律子のはまだ成人していないんだなあ、と思ってあずささんのこと。


アイドルマスター「My Favorite Things」Azusa POPOLP

あずさがパンツルックだと、いつも不思議な気がする。
無印の私服やロングヘア、巨乳など、容姿からして女性的な要素が目に付くことが多く、
性格も可愛くておっとりしたお姉さんの印象が強くて、
そこに明確に男性的な要素を持ち込まれると戸惑うのだろう。しかも似合ってるから混乱する。
袴は、スカートではなくても女性らしさを感じさせる素晴らしい衣装だと思う。


もともと「サウンドオブミュージック」と「My Favorite Things」が好きでこの動画を見たのだが、
曲もあずさも「サウンドオブミュージック」のロマンチックな感じとは全然違っていて引き込まれた。
動画では歌手が女性なこともあって男性的な要素はないが、見ているだけで緊張する。
なぜ緊張するのかというと、あずさが歌の力強さに負けない迫力を見せ、そこから目が離せなくなるからだ。

迫力と表現したが、動画内のあずさは非常にしなやかで余裕さえ感じられる。
音楽のリズムに合わせて、ダンスも全身をゆったりと動かしているし、
表情も柔和なものや切なさを感じさせるものはあれど、凛々しさは一切ない。
目を引くサムネも見慣れた笑顔で、歌に張り合う勇ましさといえるような迫力はない。
それでも歌に負けないPVを見せきることに、戦わずして勝ってしまった(何にだ?)ような
どんな歌や衣装をもってこられても笑顔のまましっかりと見せきることのできる、
あずさの深さや実力を迫力と感じたのだろう。
そこにあるのは男性らしい強さではなく、なにものも受け止める母性的な強さに近い。

歌もダンスも表情も、どれを切り取ってもあずさの女性らしい強さを表現していて、
例えば洋の音楽に和の衣装と風景といったミスマッチを、あずさがしなやかさにまとめあげている。
本来ならそぐわないものが、あずさによることでぴったりと寄り添っている。
いやまあ、歌の穏やかさと和のもつ静謐さがそもそも合っているのかもしれないが、
その中心にいるあずさという大人の女性のしなやかさや余裕が、それぞれの結びつきを強固にしていると思う!w
そこにあるあずさの“女性らしさ”が自分のイメージに合致していて、
そうやって圧倒的な姿を見せるあずさに二重に感動する。
こういう風にあずさのもつ女性らしさを強さにして表現できるPOPOLPに感動するのかな。
まあ、アイドルもアイドルの魅力を引き出せるPもすごいなあ、ということで。

派手な動画じゃないと思っているのだが、なんかすごいなーと思っている。
その曖昧な“なんか”を頑張って言葉にしてみた。合ってるのかなw


年齢の話。
あずささんは、私がアイマスを知ったときこそ年上だったけれど、
実際はまだたったの21歳…と表現できるように、今では私より年下になってしまった。
それでもいまだに年上でお姉さんな気がするのは、
あずささんがどんなことでも受け止めてくれそうだと思うからかもしれない。
いや、あずささんが困ってPに頼るコミュとか頼りないシーンも思い出せるのだが、
頼ることに気負いがなかったり、自分に素直な感じがすごいと思うのかも。
そういう余裕は大人っぽいよなあって。



サムネがめちゃくちゃ好きです。このあずささんの笑顔の格好良さたるや、って感じ。
ショートじゃこうはいかないかな~とか、少し考えてしまう。

スポンサーサイト
  1. 2013/02/20(水) 21:31:52|
  2. ニコマス
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<触れる肌に怒りを | ホーム | ふりそでゑしょん>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://furumito.blog.fc2.com/tb.php/56-e78e50d4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。