なんか言いたくなったこと

アイドルマスターを中心に、余計なことを書く。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

Lullaby

ボーカルを意識すると、ボーカルの抑揚とダンスの振りや強弱がシンクロしているのがよくわかった。
ボーカルとメロディを適度に使い分けて合わせるとアクセントになって好きだし、
ボーカルにダンスシンクロするとより動画に没入できる気がする。
自分の感覚が理解しきれていない状態で言っても説得力がないけれど。
いろいろ遅いな~。


Lullaby ふにゃてぃんP

ふにゃてぃんPは何度も書いている気が…多作な方だし、選曲が好みだからか。
まだまだ好きな動画もあるんだけど…と思い出せるくらいには、
好きな動画とPを把握できるようになったので、ブログ始めて良かったかも。
あとはなんで好きなのかわかれば言うことなし。

『Lullaby』は入りのインパクトがあって、最後まで緊張感をもって見ていられた。
前奏部分、カットのタイミングが入り乱れているので、
正直何を見ればいいのかわからなくなってくるのだが、
混乱の中で目を引いたものが貴音の瞳だった。

llby4.png
0:06で斜めからのアップ。瞳は正面を向いたまま。

llby1.png
続けて0:07。目線はこちらに。

llby2.png
0:10にて同じアングル、瞳は正面からこちらへ向ける動きを繰り返す。

…抜き出すとよくわからないな。
細かいカットで、アップやロング、顔も映ったり映らなかったりとカメラが動き回る中、
0:06~のショットと、0:10~のショットだけ唯一同じアングルでこちらを見る瞳の動きをとらえている。
無秩序の中で唯一断続的な画がすごく心に残って、以降はずっと貴音の目がこちらを向かないかな…と
身構えていた。
歌が始まってからも、私の期待に応えるかのような力強い貴音の瞳に翻弄される。
正面からこちらを射抜くような視線も良いのだが、前奏の影響かやはり斜めからのアップが好き。
llby5.png
llby7.png
llby6.png
瞳が腕で隠された一瞬に挑発的なものへと変わる。
口元にたたえた微笑も余裕の表れなのか色っぽい瞬間で、なんとなくきゅんパイアを思い出した。
前奏部にこのアングルがあったのも惹かれる理由だろうか。
そういえば、照明の色合いもチカチカ変わっていて面白かった。

衣装や刺青も貴音に似合っていてセクシーだが、
私としては向けられる視線や目力に貴音の意思を感じて、そのセクシーさがたまらない。
貴音ちゃん誘ってる!?と期待と不安の入りまじった心地になるというかw


歌詞も、男性が女性へ好意や献身的な愛情を訴えては、だから信頼して愛してほしいと、
女性の返事を待つような内容なので(多分)、女性もとい貴音の視線を待つ気分にピッタリだった。
ニュアンス的にはいっそプロポーズでもいいのかしら。間違ってたらどうしようw
R&Bの穏やかなメロディと甘い声が子守唄のようなラブソング。
ζ'ヮ')ζ<この表現なら間違いようがないかなーって。




断続的にシーンをテンポ良く、あるいは忘れた頃に持ってくる動画といえば、
個人的には『晩夏ナナロクゴ』(リンP)が浮かぶ。
アニマスのストーリーを下敷きに、歌詞シンクロしたシーンをつなぎながら、
伏線めいた断続性で注意を引いたりストーリーを再構成したり、
特に多少間を置いてから「忘れた頃に」前のシーンを連想させるのが、見ていてすごくクセになる。
モノを書く勉強にもなるなーと思いながらよく見ているので思い出した。
そういえば、目線の動きでリズムをとっていた動画もいろいろあった気がするんだけど思い出せない…。

スポンサーサイト
  1. 2013/04/05(金) 21:30:03|
  2. ニコマス
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<ウサギのジャンプは月まで届く | ホーム | 太陽のジェラシー>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://furumito.blog.fc2.com/tb.php/95-a3f09da6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。