なんか言いたくなったこと

アイドルマスターを中心に、余計なことを書く。

【アイマス×オホーツクに消ゆ】 デコのおまわりさん

驚きの時間泥棒っぷり!
まだ最新話までおいついていないのだが、せっかくミステリーなので事件解決前に感想をひとつ。

【アイマス×オホーツクに消ゆ】 デコのおまわりさん 第一話 バニラマリンP

現在は17話まで視聴済。
多くの方が絶賛し、オススメする作品は面白い可能性が高いのだと再確認したが、
私の視聴理由はそれとは関係なく。
こちらの動画タイトルを見た瞬間に
「わたまきさんPの「ポピュラス オホーツク 夜光虫 きね子~♪」って歌詞の“オホーツク”って
 もしかしてこの“オホーツク”だったのか!」

と閃いた縁(?)で、人気もあるし見てみようかしら、と気が向いてみた次第。
歌詞は言葉というより音で覚えてしまうので、「ポピュラス~♪」の意味もわからないまま
語呂がいいので記憶に残っちゃってて…でも、わかるときは一気に気が付くものだ。


驚きの時間泥棒っぷりの、面白いというかとにかく続きが気になって仕方ない作品。
本作は「北海道連鎖殺人 オホーツクに消ゆ」というADVゲームをもとにしたノベマス。
そういえば『春香がドラゴンクエストの制作者になるようです』(井川KP)に名前が出ていたような…!
コメントから察するに、原作にバニラマリンPオリジナルのシナリオを加えられているらしい。
その結果なのか、殺人事件にまつわる謎が物語を牽引するものの
その過程で描かれるのは重厚な人間ドラマで、それが本作一番の魅力と言えよう。
ミステリーとしてというよりはいわゆる刑事物として
各登場人物の性格や所属による立場や目的の違いをいかに綱引きするか、
制限付きの駆け引きにおいていかに損を減らし得をするか、そして自らの本願を叶えるのは誰か!?
と、殺人事件と同じくらい事件に関わる面々の駆け引き・鞘当ての結末が気になる。
個々のキャラクター萌え~な感じではなく、熱い勝負を見守りながら視聴しているつもりなので、
個人的に一番気になるキャラクターは千早管理官。

千早が登場すると結構コメントが怖くなるので動画内の駆け引き以上にハラハラしてしまうのだが、
確かに千早は理解しがたいキャラクターだ。
各々が事件の解決なり保身なりを目的として立ち回っている最中、
千早もあえていうなら保身を第一に動いているのだろう。
しかしそれにしては物事を把握しつつ無視する冷静さが、千早には目立つ。
17話の千早と捜査一課長の言動からすると、
要するに千早は
・あくまでも初期目的を遂行する意志の堅さ
 「警視庁多忙のため、事件の早期解決を図る」
 「本庁と中署の連絡を円滑にして、本庁の指示を速やかに反映させる」
 「行政マンで捜査に疎い自分ではなく中署長に指揮系統を一本化させ、報告書のみ受け付ける」
 →なので報告書が形になってさえいれば内容は問わない、
  すなわち釧路中署に関わって痛い腹に触れる真似はしない、と言外に伝えたのに
  釧路中署長はタイムリミットがあるので怠けて逃げようとする
 →そのために釧路地検の名を出して釧路中署に報告書の捏造を促す
・自分が「お飾り」であることを自覚しつつ、その立場に要求される行動は確実に遂行し
 ともすれば侮られていることを見越して利用する賢しさ
・釧路地検と萩原組土建との問題をきちんと把握するなど視野を広く保ちつつ、
 現状では上記目的にしか役立てていない
 →あくまで事件の真相解明より早期解決を優先している

ということでいい…のかな!?間違ってるかも!!!
伊織には執着しているようだが、そのせいで本来自分が課されている行動を見失っているようには見えない。
何かの目的で冷静なのだとすればいったいその目的はなんなのだろう?
考えられるのは数年「お飾り」任務をすませることでエリート街道を盤石なものにすることだが、
しかしエリートとなってその後の展望などは明らかにされておらず、
むしろ努力で研究者の世界に近づいてはじかれた過去を思えばエリートに執着があるというのも妙な話だ。
そこは伊織との過去の確執でエリートへの執着が強まったのか…。
研究者云々は伊織の発言のみ、客観的事実としては院卒というだけなので信憑性は不明だが、
過去の出来事で何重にもねじれていそうな千早管理官の考えるところは特に気になった。

いやしかし、刑事物の小説やドラマはあまり見ない、昭和のアレコレにイマイチ実感がない、
推理できない、組織構造わからない、政治・権力の駆け引きの真意を探るのも難しい上に
原作「オホーツクに消ゆ」も「ポートピア殺人事件」未プレイ、
どのキャラクターにも肩入れしすぎることができないしで、
自分ものすごい馬鹿だー!と思いながら視聴しているw
千早が気になるとは書いたけれど、単に私が彼女の意図を見落としたり読み違えているだけ、
という可能性も十分ありえるw


誰にも肩入れしていないので、登場人物の(駆け引きの結果)ドヤ顔を見るのがなかなか楽しい。
ohotsuku6.png
勝ってはいないが負ける気もない、といった感じ。
渋谷凛の強気で攻めつつ引くときは引く、虎視眈々とした攻めの姿勢と度胸が好き。
部下が綾瀬さんなところも良い。

ohotsuku3.png
このシーンはつまり、釧路中署長らが千早を侮っているところを逆に引っ掛けた(報告書を催促した)…んだよね?
違ったらすみません。この後の薄ら笑いの顔が好き。
千早は釧路中署長らに煽られてもそれに乗って感情のまま行動することはなく、
むしろ釧路中署、萩原組土建と釧路地検の関係をつかんで利用するなど
正義感とは程遠いがこう見ると初期の印象(アピール?)よりは有能で、
それだけにもっと戦い(駆け引きの場)に参加すれば良いのに~と思ってしまう。
でも対面では煽られかけてたから、少し引いてから行動する方があっていると考えてるのかも。
そこは伊織の千早評(「人一倍努力はするけど、根本的には頭の悪さをカバーできない」)と合致してるのかな。

ohotsuku1.png
ここは上司との内密の連絡なので、少なくとも千早が伊織に対して強い思いを抱いているのは演技ではなさそう。
美希(釧路地検)を使って萩原組に触れた伊織に権力を使おうとしたが負け惜しみを言うに終わるのも、
それが事件の早期解決ではなく伊織への執着による例外的な行動(失敗)だからなのかもしれない。
千早の薄ら笑いが、たとえば心底伊織を憎んでいて彼女のもがき苦しむ姿に愉悦を感じる
という結果なのであればそれはそれで(冷静ではないけれど)良いのだが、
彼女の目的(保身)を遂行するわりに有能で、しかし出世欲や自己顕示欲も感じられず、
どこに真意があるのかつかめないキャラクターです。


ohotsuku2.png
(こちらは上のシーンよりも前の、釧路に帰りたいけど帰れないシーン)
伊織は、その言動から刑事物によくいる叩き上げの中年男性警官を連想させるが、
彼女も一応はエリート組である。
ただ、おそらくはポートピア殺人事件の犯人(警察官)をかばうような行動をとってしまい、
結果として現在は出世街道から離れ、いろいろとやる気が減退気味?
伊織を見ているときほど、『デコのおまわりさん』のアイドルが、アイドル本人ではなく演者であることを考える。
伊織の「伊織らしさ」としてのツッコミはおおよそギャグシーンに割かれ、
捜査や駆け引きのようなシリアスシーンでは話し方・考え方の端々から
彼女が本来持たないはずの年季を感じさせる。
コメントに「いおりんたちはもう行かず後家ってやつなんだな」とあって、
ああそういえば女性だったのかと納得するようなしないような。
外見こそ女性(14歳…)だが、波乱万丈の歴史がありすぎるw
だが、組織に翻弄される中年男性を演じるにあたって最も重要な「しかめっ面」が得意wな伊織は、
ベストキャスティングでもある。
主要人物で女性に見えなくもないのは道明寺、高垣楓、千早、美希、律子あたり。
楓はよっぽどうまく立ち回らないとキャリアが閉ざされる危機的状況で可哀想。


ohotsuku4.png
亜美が言いそうなセリフだけど、亜美も春香もお互いのこと全然好きではないよねw
アイマス本編では子供らしい無邪気さでもって小憎たらしさを発揮する亜美も、
本作では子供だからではなく有能な権力者として春香や律子に居丈高に振る舞っている。
亜美のキャラクターは似ても似つかないのに、表面だけは似ているように見える絶妙のキャスティングだ。
春香をからかっているときなど、
アイマスの亜美なら面白いからからかうという何も考えないストレートさが子供っぽさにつながるのに、
こちらだと亜美の方が春香より立場が強いからこそストレートに春香をからかって(=馬鹿にして)いて、
春香や律子が自分を不快にするときは態度がガラッと変わる。
その傲慢さ、本家アイマスとのギャップが癖になるキャラクター。大好き。
こう考えると、伊織も亜美も本来のキャラクターの特徴をつかんだキャスティングである。

ohotsuku5.png
やっぱり権力がナンバーワン!
こういう人が最後に笑う結末でも、それはそれで思い切りが良くてスカッとする。
バブル崩壊が待ってるけどね。




一応ミステリーなので犯人予想をすると(!?)、
大穴:本田未央…感じの良い人が実は犯人、というのがミステリーの定石
本命:50歳以上の北海道出身者

犯人どころか事件関係者の把握さえままなっていないんだけどw
そもそもは高木純一郎・飯島幸男・奥村紀介が
過去に暴力団である萩原組との関わりで何らかの共犯関係にあり(40年前の事件)、
そこに野村も関わっていたか、後年娘とともに関わった、あるいは巻き込まれたものと思われる。
増田文吉は野村と似た外見だったため何らかの偽装工作を頼まれ
(その代わりに金銭や就職の世話、娘・ほたるの765プロ入社などの謝礼を受け取り)、
その最中にゆかりともども殺された…みたいなことなのかな?
野村の立場は飯島幸男の監視や野村ゆかりの765プロ入社、奥村の手紙に加えて、
野村親子も頑なに口を開かないあたり過去の事件の加害者、単純な被害者ではなさそう。
(曰く、奥村・飯島は“昔”野村に「世話になった」)
増田はゆかりと外出しながらも彼女の家には泊まらずキャバレーに行くなど二人の関係は不自然で、
増田・ゆかり(の死)を期におそらくは奥村らの過去の犯罪に端を発する連続殺人が始まった風に見える。
となると怨恨、あるいは過去の犯罪の関係者を消したい萩原組(律子以外)の犯行が考えられる。
増田と奥村たちが出会った経緯は謎だが、
奥村や飯島の後悔したような様子・行動と萩原組ではなく飯島本人が増田に金銭を渡していたことから
奥村たちは過去の犯罪を悔いており、その罪滅ぼし等のため個人的に増田を使った可能性がある。
また、現在は萩原組に関わっていないはずの奥村が推した増田を萩原組土建が雇ったのも謎だが、
増田たえに口止め料を払って奥村の存在を隠匿した律子も、もちろん過去の事件を把握している。
つまり、その犯罪は萩原組の公認あるいは黙認のもと行われたものであり
むしろ警察や政治家である春香の後ろ盾を欲したのもそのため…というのは
今になって用心するのは不自然なので、警察とのつながりは素直に春香との関係を隠すためか?
そもそ律子のバックには萩原組(雪歩?)がいるため犯人とも言い難い。
現場での実務(伊織との喧嘩wや亜美の接待)に苦労する場面が多いのでどこか下っ端感が。
しかし、萩原組は過去の事件を気にしているが現在の殺人事件とはどこまで関わっているのか不明。
犯人が単独犯であれば、お盆過ぎに東京にいたことになるのかな。

ミステリーのトリックはともかく人間関係のいざこざは当たったためしがない。
こういう「誰でも犯行が可能」みたいなタイプは特に難しい。
(極端な話をすれば、増田・ゆかりはゆかりのファンに殺された可能性もなくはないわけだし)
警察もまだ捜査途中、現在50話まで連載中の作品の17話では情報不足は明らかなので、
ミステリーとしても続きが楽しみ。
多分萩原組本家に雪歩が登場するはずなので、それも待ち遠しい。
2グラってことはまさに女子高生とかなのかも。
そういえば、昔が2グラで現在が無印立ち絵なのも「輝きを失った」のが目に見えてわかるので
意外と違和感なくて面白かった。


ごちゃごちゃ書いてしまった。しばらく続きを見ない(つもり)なので備忘録も兼ねて。
上の方でコメントについて書いてしまったけど、基本的にはコメントもありがたく楽しんでいる。
ゲームはもちろん警察組織や当時の社会情勢、あと北海道のこともほぼわからないので、
各種解説・ツッコミコメントのおかげで「今夜はお楽しみでしたね」のようなネタも
とりこぼさず楽しむことができるのでありがたい。
  1. 2015/01/06(火) 21:30:00|
  2. ニコマス(テキスト系)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ホットなジュース

寝てなくて疲れてて、短時間でいいから心を休ませたい…ってときに、
ゆきいおで検索してトップにあった動画。
特にゆきいおが好きとかそういうわけではないです。


ホットなジュース【ノベマス短編】 ビンゴP


始まりからジャジーで、再生時間が短いながらもOPというか扉絵的なイントロがあるのも品があって良い。
サムネがそのイントロに当たるのだが、机の下、カップの隙間から
ちょこんと二人の眼やピンクのリボンがのぞいて妙に可愛い。
ジャズでアヴァンティ(ラジオ番組)が好きだったことを思い出してみたり。
(それくらいしかジャズ的なものに触れる機会がなかっただけだが…、
 感想を書くにあたって知ったのですが、ラジオはすでに終了していたんですね)
というわけで始まってすぐ好感を抱いたのだが、
内容もドラマチックな騒動が起きるのではなく穏やかで些細なやりとりのみ、
それでいてほんのりときめきというか、浮き足立つような後味のラストになっている。
疲れてる以上に時間がなかったので、見終わった後も延々煩悶するのとは少し違った
優しい味わいがちょうど良かった。
そのほんのりときめき具合が癖になって、以降疲労を感じたときに何度も視聴させていただいた。
自分でいうのも恥ずかしいがラブストーリー好きなので…。

内容については、まず始まりの
「おはよう。」「おはよう。」
というだけの会話が、たった2分の動画にあるのが面白かった。
実生活でも挨拶はコミュニケーションの導入になる礼儀なので、
話としてスムーズではないかもしれないがリアルなテンポに感じられた。
そのようにゆったりとした空気を醸し出すゆきいおの関係でも、
伊織の雪歩に対する態度の柔らかさは際立っている。
それが伊織の好意のなせるわざだと気づけば
(「ゆきいお」だから当然なわけだが、ゆきいおに関してイメージがなかったもので)、
伊織のあくまで「普通」の受け答えでさえいじらしい。
ツッコミ役をこなして感情を波を露わにするわけでもなく、むしろ努めて冷静に話しているだけ、
という伊織の姿が新鮮ながらも日常風景っぽく、ほんのりときめきw

『ゆきほさん』シリーズの感想を書きながら考えていたのだが、私のいう「日常」は
私が自分の経験と照らし合わせて覚えがあるときに「日常」っぽいと捉えているだけなので、
人によってはどうなのか保証はできない。
逆に言えば他人が「日常」と言ったって私に馴染みがなければそれは「日常」とは思えないわけで、
まぁ改めて言うまでもないかもしれないが念のため。
だからこそ「日常」っぽいと思ったものには、郷愁を含んだ愛着がわいてしまうのだろう。

閑話休題。
たった2分の動画では周囲に騒動が起こりようもなく、
伊織が雪歩に翻弄されつつも、表面上は伊織も二人の関係も穏やかさを保ったまま動画は終わる。
その表面をなんとか取り繕った伊織を見ていると、導入の挨拶の無難さと併せても
もしかしてこの世界の伊織の「日常」はこのくらい呑気な日々と姿勢でできているのかしら、と気になった。
戸惑いつつも出た「ああ、うん。行ってらっしゃい。」というセリフ自体は
二人の間では珍しくもないんだろうなーとか…想像すると、
(声優さんの演技がないせいかもしれないが)すごく「普通」の「友達」らしい会話だ。
伊織の「日常」、感情を抑制する態度に共感するとともに、
伊織のこれからや抱えた疑問についてもふとした瞬間考えてしまって、
自然と味わい深い作品になっていった。
動画説明文にもある通り「想像の余地を残すようなラスト」なのだが、
短くあっさりした動画はあっという間に過ぎ去って何が起こったのか把握しきれないため、
かえって出来事の衝撃が増すようだ。
表面的には衝撃というほどでもないだろうが、
きっとこの動画が終わっても伊織は悶々としてしまうのだろう…という気持ちを思って、
私もそわそわしてつい二度三度と動画を見てしまったのかもしれない。


hotjuice.png
『ゆきほさん』の雪歩と同じく、ちょっと小悪魔はいってる雪歩?w
内面描写のない(他者視点で描かれる)雪歩が実は好きなのかも。
伊織のじわじわとした表情の変化も無印立ち絵ならではのコミカルな愛らしさがあって、
めちゃくちゃ切ないワンシーンというよりちょっとした日常のドツボみたいな。





私は雪歩と伊織は「アイマスキャラ」としてではなくそれぞれ好きで
別段ゆきいお、百合・カップリングを通して楽しみたいとは思わないタイプだが、
まあでも、可愛い子が仲良くしているのはハッピーだし。ラブストーリーらぶだし。
あ、ノベマスでこういうほのぼの?リリカルなラブストーリー見たいかも…。


2014年大晦日に予約投稿したつもりが下書きのままになってた><
昨年はお疲れ様でしたー今年も楽しい年にしましょー。
私は年明け早々モバマスで幸子が引けたので最高の一年になりそう!やったー!
  1. 2015/01/01(木) 22:30:00|
  2. ニコマス(テキスト系)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ゆきほさん

メリークリスマス&ハッピーバースディ雪歩!

ゆきほさん 1食目-メンチカツとゆきほさん- しゅうまいP


ゆきほさん 2食目-らーめんとゆきほさん-


ゆきほさん 3食目-抹茶ロールとゆきほさん-


雪歩がとても可愛かったです!オススメ!!!
どの動画のどのキャラクターも可愛かったが、最新話かつお気に入りの3話について少し。
ネタバレありますのでご注意をお願いします。



『ゆきほさん』シリーズは現在ヤングジャンプで連載中の漫画「もぐささん」のパロディ。
一見お淑やかで可憐な雪歩が、
実は運動部男子でも食べきれないような量をぺろりと平らげる大食漢で…というコメディ。
(お淑やかと大食いは対立するものなのか?w)
『ゆきほさん』シリーズはまず、そんな雪歩の食事シーンを魅力10割増しで表現してくれる
しゅうまいP手描きイラストや改変立ち絵が素晴らしい。
周囲の人物が雪歩の思い切りのよい食べっぷり、
美味しそうに食べる姿や幸せそうな笑顔に好ましく思うのも納得!な雪歩の可愛さが、
イラストの力でビシバシ伝わってくる…!
“飯テロ”タグの通り食べ物そのものの写真も大変目に毒なのだが、
本動画に限らず「実際に体験すること」の難しいグルメ物にあっては、
美味しそうな料理を食べて幸せになるキャラクターを見ることで「食べることの幸福」を感じることができた。
ゲームの雪歩も焼き肉好きであったりお茶のために仕事を抜けたりと
案外食に対して積極的なので意外とありな設定かと。
なにより、自分の好きなものについて一生懸命に語り、堪能する雪歩は可愛い!最高!


さて、最新話の3話では、雪歩とともに真が主役。
2話で雪歩のワンピースを借りた真だったが、ファスナーがあげられず春香にからかわれ
ついにダイエットを決意する…のが3話の大筋。
憧れのワンピースのためにと張り切ったは良いものの、
運動しながら食事量も減らすダイエットは肉体・精神的にも負担が大きい様子。
yukiho3-1.png
yukiho3-2.png
yukiho3-3.png
yukiho3-4.png
間違いなくこれが一番負担です。ダイエットしている真に対して、この悪魔の所業!w
でも、目もきらきら輝いていて本当に可愛いのが悔しい。
この後の真もめちゃ可愛いので必見ですよ、必見!

そもそもゲームでもダイエットどころか自らを貧相と称する雪歩がおかしいのであって、
本来この時期の女子高生は大抵がダイエットに励んでますよ!太る時期なんだよ!!!
私自身も部活動と並行したダイエットで非常に苦しんだ覚えがあるので、
食事を減らしつつ運動する真を、それが健康に良くないとわかっていても褒めてあげたくなる…。
あとそんな真(というか私)とは逆に、心行くくまで食べて痩せている雪歩には嫉妬を禁じ得ないw

美味しそうな食べ物とそれを美味しそうに食べるキャラクターの魅力だけでなく、
「女の子たちの日常」としても味わい深いものがある。
ダイエットする真、真をからかう春香と真面目に心配したりツッコんだりの千早、
そして美味しいものに誘惑され食べ尽くす雪歩。
セリフ枠の名前部分なんかもそれぞれ個性が出るよう工夫されていて、
登場人物たちはもちろん単体で可愛いキャラクターとして成り立っている。
そこに日常における掛け合いの妙が加わることでキャラクターの魅力はより深みを増し、
彼女らの織りなす風景にさえ愛着がわいてくる。
ダイエットあるある(?)的な面白さ含め、アイドルたちのやりとりが女の子っぽさ抜群で好き。
あるいは、ダイエットのため食事を減らすことについて母親に丁寧に感謝とお詫びを伝える真であったり、
真母は娘の気持ちを理解するのに対して真父はトレーニングだと誤解(正解?w)してしまう、
ほんの少しだけズレた、けれど既視感のあるやりとりが微笑ましい。
(既視感というのは、「父と娘の擦れ違い、を完璧に理解し見守る母」という構図も
 ゲームにおける雪歩と父、母の関係にも共通するあるあるだよな、と…)

アイドルたちが楽しそうだからこそ、
動画で描かれる「食事」や「ダイエット」もそんなに悪くないものに思えてくる。
私は雪歩ともPとも違って食べることや太ること、加えてダイエットも好きではない(死ぬほど嫌いという意味です)。
特に太ることとダイエットは常に逼迫した状況とセットだったので
劇マスの可奈なんかを見ていると「ダイエットしなきゃ…」と心底気落ちしてしまうw
(というか多分、私の場合は自己否定とか自己嫌悪に直結しているんだと思います)
しかし、『ゆきほさん』のアイドルたちが食べたり食べなかったりしている様子は
その魅力的なキャラクターのおかげでいつも愉快で、それだけでも目から鱗な体験だった。
女の子たちがきゃっきゃうふふとグルメやスイーツ、ダイエットに戯れる様子って
こんなに軽くて可愛いモノだったんだなー…。私ももっとポジティブにダイエットしよう。
ダイエット系の話題は否応なくナーバスになるので、
それがこんなに明るく、素直に可愛いと受け止められるのがなかなか衝撃的でした。


ついでに、3話「抹茶ロール」というのがまた雪歩にピッタリなお菓子だ。
“抹茶”と“ふわふわ”のスポンジの組み合わせで
無印コミュの「(抹茶の)泡がふわっとして美味しいんですよっ」というセリフを思い出した。
というか雪歩のコミュは、弱々しい第一印象に反して
焼肉とか餃子とか鍋とか結構がっつりした食べ物の話題が散見されるけど、
他のアイドルでもそうなのかな?


yukiho3-5.png
大食いの子が可愛いとも可愛くないとも思わないが、
可愛い子がたくさん食べてるのは可愛いなって思った。雪歩可愛い。



ダイエット系の話は自身の思い出がありあまっているので、
…そして現在進行形で積み重ねられているので、いろいろ下らないことまで書いてしまった。
いやでも、そういうネガティブなものを払拭してくれるほど、可愛い以上に心に残る動画だった。
  1. 2014/12/24(水) 23:59:59|
  2. ニコマス(テキスト系)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

スマ歩

スマ歩【NovelsM@ster短編】 こたつにアイスにみかんP

まったくの私事ですが、実家に帰ったら母がスマホデビューしたい!というので買い物に付き合わされ
無事アイフォンを買いました。契約プランや操作方法を教えるのつらい…。

ということでスマ歩。
このネタ?はいろんなところで見かけたけれど、アイマスでは可愛い雪歩ことスマ歩のタイトル勝ちだと思う。
雪歩は名前の語感からいいですなー。可愛い。
逐一ツッコミを忘れない伊織と気弱なくせにマイペースな雪歩の掛け合いも面白く、
なんだかんだと伊織が振り回されたりスマ歩の方が気を遣われてるのが、らしいとは思うけど主客転倒で笑ってしまう。
いおゆきというか伊織と雪歩のコンビが好きなんだけど悲しいかなあまり人気がないらしいので
もっと増えるといいなー。和洋のお嬢様って感じも可愛い。


見ていて少し立ち絵の大きさなのか伊織と雪歩の頭の大きさの差が気になったのだが、
雪歩誕生祭 ばんびーの パジャマP

ちょっと思い出したので。可愛い。
改変元モデルの兼ね合いかもしれないが、こちらの雪歩は足が長く頭身高めで、体つきからお姉さんな感じが素敵。
そもそも足長く見せるためにミニスカ有能生足最高なのにニーハイの絶対領域が多過ぎる…。
本当は伊織153cmの雪歩155cmなので身長差が大きいのかもだけど
(雪歩のウェストと伊織のアンダーバストあたりが同じ位置だしw)、
「かっこいいゆきぽ作りたかった」とのことなのでこれはこれで。


【ゆきいお】 GO MY WAY!! 【可愛い】 pawaP

公式だとこんな感じ。可愛い。
pawaPがオーナーを務めるゆきいお&いおゆきコミュはこちら!→【ニコニコミュニティ】ゆきいお & いおゆき



愛フォンは目覚ましに役立ちそうだなー。あいゆき?も好き。雪歩がいればまあ、なんでも…。
  1. 2013/12/30(月) 23:30:30|
  2. ニコマス(テキスト系)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ヤヨイはドゥエリストのようです 悪魔城ドラキュラ?

昨日がなはるがなはると書いたので。
ネタバレがあるので気をつけてください。

第七次ウソm@s遅刻 ヤヨイはドゥエリストのようです 悪魔城ドラキュラ? くぴP

悪魔城ドラキュラは名前だけ知ってる。つまりゲームについては何も知らない。
ゲームパロは元ネタがほとんどわからないため手が付けにくいジャンル…
だったけど、タイトルが面白くてで思わず見てしまった。

『ヤヨイはドゥエリストのようです』
「ドゥエリスト」とは何なのかよくわからなかったが、
やよいが「ドゥエリスト」と口にする様を想像すると、
「夢をみてれぅ~」のように言い間違えて噛んでじゃったみたいでおかしかったw
ζ*'ヮ')ζ<どぅえりすと!

伝わるだろうか、私の胸を打った舌足らず感が。
やよいが言うとタイトルだけで面白くなるからずるいw
見るまでは「ドゥエリスト」=遊戯王バンパイアハンターのこと?と想像していたが、
正しくは動画中に出てくるTASプレイヤーのことなのかな?
TASが出てくるとは思いもよらず、いきなりゲーム画面!TAS!勝利!の流れには
驚きつつ気持ちよく笑わせてもらった。

TASと同じくテンポよく展開される物語は、わからないネタもフィーリングと勢いで楽しめた。
突如復活する悪魔城の主・ハルルツェペシュ(サムネが格好良い)、
バンパイアハンターの末裔として、一族の命運をかけて戦うやよい、
ハルルツェペシュを封印する(?)能力を持つため命を狙われる巫女・伊織。
(ちょっと間違ってるかも…バンパイアと巫女って面白い食い合わせですね)
設定こそロマンと重厚感漂うが、
動画にて繰り広げられるやよいおりの会話はどこまでもゆるく可愛く、
かと思えば、吸血鬼と戦う使命のせいかやよいが妙に強引で
やよいおりを強襲する人狼・響との戦闘も元気いっぱい破天荒にクリア。
ていうかTAS。

TASといえども、ゲーム内のキャラクターはMMDを用いてやよいや響に変更されていたりと
芸が細かい。
yayoD.png
やよいっち強すぎんよー
TASの(なんだこれ…)感すごく好き。

あと個人的に好きな部分。
yayoD4.png
yayoD2.png
yayoD3.png
ゲーム内で撃破され、そのまま落下して響のモノローグに移る流れが好き。

このようにストーリーと同じくらい演出が楽しい。
私は映像作品が苦手で、自分の理解速度と映像の速度が噛み合わないのが苦手要因のひとつなのだが、
次々入れ替わるBGMに乗ってさくさく場面が転換され、アップテンポで見やすいリズムが作られている。
そこに画のこだわりはもちろん、文字も映像の一部として魅せるオシャレかつ丁寧な演出で
見た目にも飽きが来ないよう間を挟むのに、
ラストは突然(鋭いSEとともに)tobecontinued...と幕が閉じられ、
期待高くも予断を許さない引きのせいで、ついつい続きが気になってしまう。
ζ*'ヮ')ζ<かんきゅうのあつかいがたくみで、すっごくひきこまれましたー!


yayoD5.png
人狼響。可愛い。背景のフォントも完璧。
この一枚だけで響のキャラクターがわかるw



ラストの勢いは、がなはる普及委員会(くぴP)の別作品である
『がなはるっ!』第一話 我那覇くんと春香さんめぐりあい深夜編

こちらの方が、物語が進んでいる分キャラクターの魅力が発揮され、より引き込まれる。
というか、こちらは続きものだしね。
2グラの立ち絵ながら設定はSP準拠ということで、
春香に恋した961プロ所属の響が、春香と同じ765プロの真に相談して
春香と両想いに…なるために、まずは仲良くなろうと奮闘するストーリー。
王道の展開がオシャレな演出に彩られ、一段と魅力的な味わいになっている。
あと2グラのシャレオツ感ハンパない。ギャクしてても綺麗。
響は可愛いなぁ!!!

アタックを繰り返す響が、しかし恋に奥手だったり乙女チックな理想を夢見たりと
猪突猛進だが女の子らしく、そのギャップがたまらない。
がなはるがなかなか進展しないせいで、ひびまこになりかけてる気がしないでもないけどw
それもまた少女漫画の王道だし、何より大好きな春香と仲良くなるため一生懸命空回る響が
めちゃくちゃ可愛くてなでなでしたくなるので繰り返し見てはニヤニヤしている。
キャラが可愛くしっかりコメディなので、百合が苦手な人でも見やすそう?

千早が登場した瞬間、コメントが「ああーw」ってなるのが面白かったw
ひびたかも好きです。
…頑張れがなはる!


映像のことがわからないから自信ない…。
  1. 2013/07/05(金) 21:30:35|
  2. ニコマス(テキスト系)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
前のページ 次のページ